2018年4月20日金曜日

やっと福寿草

暖かい日が続くと、外に出たがるカメ虫が大量に窓に集まります。
そんな日ですから、外の雪は一気に解けて、フクジュソウが一斉に咲きました。

雪国の春の、毘沙沢の春・・・本格的な始まりです。

この池はサンショウウオの産卵所

林道終点から

2018年4月17日火曜日

只見町空家等対策計画が公表されました

昨日、町のホームページ上に「只見町空家等対策計画」が公表されました。
同時に「パブリックコメント集計表」から、19件の町民の提案も見ることが出来ます。

19件のパブリックコメントを見ると、空き家・人口減少への町民の関心の高さがうかがえます。

明和地区で3年前から取り組んできた空き家問題が、やっと町全体の課題としてその体制が整えられつつあることに喜びを感じます。
そして、関係者の皆さまの努力に敬意を表したいと思います。

しかしながら、ガイドラインが出来たばかり・・・今年度は只見町空家等対策「元年」・・・本番はこれからです。

同時に只見町地域おこし協力隊「移住定住支援協力隊」が募集になりました。

町のホームページから詳細を見ましょう。
そして、意欲のある方に是非とも応募していただきたいと・・・期待します。

2018年4月16日月曜日

その後の訪問・・・その5

懐かしい場所に身を置くことが出来る。
それも自らが多少なりともかかわりを持った場所であることは幸せな事です。
今日、霞が関ビルに出かけてみました。
2001年改修のロビーには50周年記念の飾りつけが・・・

今日の外観、綺麗に維持されていました

霞が関ビルは今年で竣工50周年を迎えたのだそうです。
「昔の仕事・・・その22」2017年2月9日のブログでも書きましたが、竣工当時私は学生でしたので当初の設計には係わっていませんが、1996年~2001年の間に外装、ロビーなどの改修設計を担当させていただきました。

久々に訪れた懐かしい場所は、そのままでそこに在りました。
その後改修されたアプローチの広場の今日

その後改修されたデッキ広場の今日




2018年4月10日火曜日

今日の毘沙沢

こちらに戻ってから寒い日が続きましたが、今日は朝から晴れ。
まだまだ雪が沢山ありますが、少しずつ春が近づいています。
毘沙沢林道の終点

我が家の裏山

林道途中

林道の沢

林道の今

2018年4月7日土曜日

毘沙沢に戻りました

桜の終わった関東平野から、桜が咲き始めた塩原温泉を楽しんで、未だ冬景色の奥会津に戻りました。

毘沙沢には未だ沢山の雪が残っています。
そして、なんと夕方から雪が降りだしました。

でも、こんなに空気が綺麗で静かで、豊かな場所は他に無いな。
この場所は、世界で一番素敵な場所なのだと、酒を飲んで・・・確信します。

2018年4月2日月曜日

日本語を話さない

3歳半になる孫は、母親が日本語で語りかけることは理解しているようなのですが、自らは日本語ではなく英語で返答します。

父親が英語、友達やTV、コンピューターなど身の回りのものがすべて英語ですから、仕方ありません。

いつも近くにいる母親が日本語で語りかけて育てるし、日本語の絵本などが身の回りに沢山あれば、日本語を話す子供に育つのではないかと考えていましたが、そう簡単ではなさそうです。

今現在、私が日本語で話しかけても99.9%英語で返事が返ってきます。

娘曰く・・・「この国で子供が日本語を身に着けるのには、相当の努力が必要・・・」

将来の孫とのコミュニケーションが心配ではありますが。
本人が日本に興味を持ってくれるまで、待つしかなさそうです。

田舎が魅力

英国では未だに田舎の環境に魅力を感じ、都会から離れて生活する人が多い。
若い時は都会で働くとしても、ある年齢になるとゆったりとした田園の中で暮らしたいらしい。

そこに価値を見出しているから、未だに郊外の景観は美しく保たれているように見える。
マナハウスの前庭

恵まれた地形と気候が過去に多くの荘園を作り、それらをまとめた領主の館、マナハウスが今はいろいろな使われ方で生かされている。

今日拝見したのは、庭を子供のための遊びの場と森の学校とし、館は結婚のパーティーやイベントなどに使っていた。
子供の遊び場
食事の場は重要

イースターの今日は、寒いにも関わらず家族ずれで賑わっていたし、パーティーなどの開催もされていた。
この国も田舎の生活は大変なのだろうとは思うのだが、平坦な土地と気候の良さに助けられてか、まだまだ元気なように見える。

2018年3月31日土曜日

この国でもIKEA

英国は古い街並みを大切にし、古い家具を代々引き継いで使用する国民と思っていた。
しかし、最近は少しずつ変わってきているのかもしれない。

郊外には大型ショッピングセンターと共に日本でもお馴染みのIKEAなども有ります。
雨の休日の今日、近郊のIKEAに若い家族連れが押し寄せ、大賑わい。
ブリストルのIKEAの店内

センスが良く、手軽に購入できる価格、その場で車に乗せて家まで運べる手軽さ。
これにはこの国の人たちもトリコですね。
IKEAのレストラン

私は家具屋のはしくれとして、困ったものだ(一方で評価しています)と思いながらも、これが現代・・と・・・飲み込むので有ります。

生活にはこだわりを持っていると思っていた英国人がこれでは・・脱帽・・北欧大量生産家具恐るべし。

一方の郊外型大型SCこちらも大賑わい。
週末に大量に購入するスタイルは、すでにアメリカと同じ。
レジの前のベルトコンベア

世界中が一つの生活スタイルに統合されつつありますね。

2018年3月30日金曜日

あれから10年

毘沙沢に足を踏み入れてから23年が経過しています。
そして、このブログも最初の投稿から、この3月24日でまる10年となりました。

その間の投稿数は1,792回、年間平均180回ほどになります。
良く続きました。

ブログの継続を、10年目のこの機会に打ち止めとしようかとも考えたのですが、多くの方に(年間4万回のアクセス)読んで頂いている事、10年から前の事は紹介できていないこと、また私の建築の仕事のその後の訪問が中途半端であることなどを考え、今まで通り継続することとしました。

丁度10年目がイギリスに居るという事も、毘沙沢への想いを奮い立たせているのかもしれません。
寝室の窓から・・この景色を見ながら書いてます
4月29日16時30分(現地時間)

毘沙沢林道は、今日で春の除雪が終ったとの連絡を戴きました。
只見にもどったら、雪国の春の景色などをまたお知らせしたいと思います。


2018年3月27日火曜日

のんびりと

25日(日)は暖かく、天気よし。
娘たちと休日を楽しもうと、大きな吊り橋で海を渡って、ウェールズのCardiff  Castleへ案内頂きました。


カーディフはウエールズ地方の首都なのだそうです。
人口34万6千人とあります。

イギリスには、ウエールズも同様ですが、公園が多くあり、今の時期は子供連れで賑わっています。
大きな木が多く、広々とした中にカフェやキオスクなどが配置され、のんびりと時間を過ごす場が提供されているのが魅力です。

26日(月)は朝から快晴。
家の近くの観光牧場へ散歩。
のんびりとイギリスの田舎を楽しんでいます。

2018年3月26日月曜日

毘沙沢林道情報

林道のこの春の除雪の情報が入りました。
3月28日(水)から3日間ほどを予定しているとの事です。

毘沙沢でもいよいよ本格的な春が始まります。

今年もイギリス

この季節になると、娘と孫に会うためにイギリスに出かけます。
ボストンバックには、英国では手に入りにくい食べ物や調味料などをパンパンに詰め込んで。

今まではロンドン経由でしたが、今回はアムステルダム経由のKLMで娘たちの住むBristolへ直接向かいました。
オランダ・スキポール空港

空港での手荷物のチェックは年々厳しくなっているようです。
乗り換えのスキポール空港でもしっかりボディチェック。

Bristol空港に迎えに来てくれた娘たちとの夕食の場は、鶏肉専門のファミレス。
ポルトガル料理らしいのですが、イギリスにチェーン展開している今若者に人気の店だそうです。
土曜の夜とあって大賑わいでした。

イギリスにもマックは沢山出来ましたし、大型SCもあたりまえになりましたから・・。
昔とはだいぶ変わりました。

2018年3月20日火曜日

隣町のクラウドファンディングの続きの続き

昭和村・喰丸小学校の再生プロジェクト。
昨年11月5日と12月15日の毘沙沢のブログの続きです。

クラウドファンディングでのふるさと納税額は、最終的には 12,347,000円、365人の参加があったようです。
目標額の半分でしたが、大成功だと思います。
お礼文と共に・・・。

先日、寄付者に返礼品が届きました。
4月にお披露目、5月上旬にオープニング記念イベントの開催が予定されているようです。
同封されていた絵葉書

お隣昭和村の事ではありますが、同じ奥会津・・・廃校の活用・・・応援したいと思います。

2018年3月19日月曜日

南会津吹奏楽フェスティバル終わる

今の時期のイベント参加はちょっと大変。
前日の朝、寒い中を雪道を歩いて出かけました。

2日間、中学生や高校生、若い団員の皆さんと行動を共にしました。
山の中から出てきた高齢者は・・・ウロウロしながらも、楽しく、少し緊張して演奏しました。
中・高・社会人合同特別バンド

御蔵入交流館での演奏は何回になりますか・・・コーラスや第九を含めると何十回・・・。
毎回、裏方の方々の活動に感心しています。
舞台技術者として、絶えず新しいことに挑戦もしているように見えます。
田島中学・吹奏楽部

手元にある写真を少し紹介しておきます。
下郷中学・吹奏楽部


2018年3月13日火曜日

南会津吹奏楽フェスティバル

今年も吹奏楽フェスティバルの季節が参りました。

今週末、3月18日(日)御蔵入交流館にて14時開演。
私達は、田島吹奏楽団で出演します。

田島高校、田島中学、下郷中学の吹奏楽部の可愛い皆さんとの共演です。
とても楽しみにしている演奏会です。

是非是非、地元会津の中学生、高校生の演奏を聴きにお出かけください。

2018年3月9日金曜日

只見町空家等対策計画

只見町では4月からの施行を目指して「只見町空家等対策計画」の作成をしています。
そして、ようやく計画案がHP上に姿を現しました。
対応窓口は新たに地域創生課

3月16日を期限にパブリックコメントを募集しています。

この対策計画は、この町の空き家の今後の取り扱いについての基準となるものです。
今後増えるであろう空き家に町はどのように立ち向かおうとしているのか。

人口減少を食い止めるために空き家対策がどのような役目を果たせるのか。
私達の生活に直結した課題です。

町のHPから全ページを見ることが出来ます。
この機会に、沢山の意見を寄せましょう。


2018年3月4日日曜日

ブナ林散策

家の前からかんじきを履いて、10分も雪の上を歩くとブナ林。
全く、恵まれすぎた環境です。
ブナの密集地

今日は我が家の北西、新しいブナの二次林を見に出かけました。
まだまだ細いブナの密集地・・・若いブナ林です。

ここにはカモシカも生息していた、足跡が真新しい。

日当たりは温かかく、日陰は寒い、足元はその都度変化します。
でも、かんじきを履いていれば問題なし。

毘沙沢には杉も植えられていますが、それ以外の自然林の多くがブナ林とコナラ林です。
大切にしたい環境です。

2018年3月3日土曜日

快晴の朝

2日続きの吹雪が過ぎ去って、今朝はすがすがしい快晴。
空気がとてもきれいなんです。

勿論雪は真っ白。
我が家の脇からの2枚。
戦国時代の城山

こちらの山の奥にも中世の館跡

2018年3月1日木曜日

町の空き家バンクに・・・

新しい情報が追加されました。
只見駅に近い石伏地区のとても立派な古民家です。
只見町のHPの画面

私も昨年11月の現地調査に参加させていただき、拝見しています。
現在も生活されていて居住していますので保存状態はとても良く、また、山を背にした環境も魅力的です。


譲渡には幾つかの条件が付いていますので詳細は町のホームページから見てください。
将来農業に従事したいとお考えの方必見です。

2018年2月26日月曜日

昨日戻りました

だいぶ春めいてきましたが雪は多いです。
重たい雪が積もっています。
昨日の林道

林道は現在歩行が出来る環境になっています。
林道沿線の昨日写真を紹介しておきます。
これ以上の大雪になりませんように。





あ、そうそう、1週間ほど前に田島で古民家(国指定有形文化財・奥会津「臣の郷」)が焼失するという悲しい出来事がありました。
昨日通りがかりましたので写真を掲載します。
臣の郷の跡